減量におすすめのもとはキャベツ

キャベツによる減量に挑戦してみました。至高簡単で美味しくキャベツが食べれるようにだらだら試してみました。日々の膳に飽きずにキャベツを生み出し積み重ねるためには、キャベツのレパートリーを持っておくといいでしょう。それでは、キャベツは気持ちよく洗って、生のままでざく切りとしていきます。食べ方は、少量のドレッシングをかけるのみなので、時間もかからず、アッという間に出来上がります。生のキャベツを摂るときの常得意は、千切りかもしれません。分厚い千切りといった細い千切りとでは味覚が違うし、ざく切りはまた異なる楽しみだ。キャベツ減量では、スケールのあるざく切りが推奨されている。家族みんなで1/2個のキャベツを蒸して食する蒸しキャベツも、減量にはいいでしょう。生とは違ったテーストを楽しむことができます。1人で食する場合は、4分の1くらいにカットして、1枚ずつ水で洗い流します。キャベツだけでもいいのですが、豚肉やベーコン、もやしなどと一緒に蒸すという、再び美味くいただけます。シリコンスチーマーの器や、下が深めの皿にキャベツや肉を入れ、射程で加熱するだけで、うまい夕食ができます。減量である為、豚肉やベーコンは控えめのボリュームにした方が無難です。味付けはお好み塩気かポン酢などがとことん合います。減量メニューには、ソーセージとキャベツの入ったスープもいいでしょう。キャベツってソーセージを、スープの用具にちょうどいいがたいに切って煮込むだけで完成だ。スープの味つけは濃くならないように、コンソメや、塩気のみでも美味く食べることができるでしょう。短いカロリーで食いでが欲しいという輩は、キャベツをスープに使ってモイスチャー摂取にも役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です